汗ふきシートで汗を拭きとり、デオドランド剤をつける。

NO IMAGE

汗ふきシートで汗を拭く事でその場での臭いは防ぎ、デオドランド剤でその後の汗の臭いがマシになっている気がする。汗拭きシートで汗を拭きとらないと汗が衣服に付き、服から悪臭が出る為、腕を上げた瞬間にわきの下の生地から臭いが出ている気がする。シートで拭いた後のデオドランド剤はスプレータイプだけでは効果が薄いので、ロールタイプORクリームタイプのデオドランド剤を付け、その上でスプレーをすると汗の臭いがかなり抑えられる。スプレーなどをした後で汗をかいても衣服にはスプレーの粉がついているのか、汗が直接ついたときに比べ衣服の臭いが気になりにくい。

ダブル使いで汗をかいても匂い爽快

剤をダブル使いする事で、汗の臭い自体を防ぐことができると共に、たとえ衣服に臭いがついたとしても悪臭になりにくいため、汗をかいても周りに汗の臭いをばらまかずに済む。ひとつだけ使うときに比べて、ダブル使いすることで抑臭の持続時間が長く、衣服への臭い移染・皮脂の吸着も軽減できており、洗濯した後でも首回りやわきの下の部分の生地の臭いが取れていないことが少なくなっている。服の洗濯も手間が軽減できるうえ、日中の体臭も気にしなくてよくなる。汗を拭いた後のひと手間で夕方まで臭いを防ぐことができる。商品によっては汗染みを軽減できる商品もあるので、吊り革をつかむときなど脇汗のシミを気にしないで済む。

汗をかいている時も去ることながら、汗が乾いた後も衣服が臭う

シートで拭かないことで衣服が汗を吸ってしまい服から臭いが出る。スプレー剤やデオドランドクリームやロール剤を使用しないと肌と衣服の間に被膜が無いために、服に汗が付き汗をかいた時もその後もなお服から臭いがでてしまう。汗に含まれるにおい成分と皮脂が混ざり合った物が衣服に付き、汗が引いた後でも服から臭いが出続ける為、悪臭を放ち続ける。また、衣服に付いた皮脂が洗濯をしても取りきれずに翌シーズンには白いTシャツの首回りやわきの下に黄色い皮脂汚れが浮き上がってきてしまう。天日干しや酸素系漂白剤等で十分に殺菌する事で臭いは気にならないが、汗が服に染み込むことでその場でかいた汗に加え衣服も、ダブルで臭う原因となってしまう。

汗拭きシートで拭きすぎると肌荒れしやすくなる

汗拭きシートは爽快感を得やすい為に刺激の強い成分も含まれており、強くこすりすぎると肌が荒れる原因になりやすい。わきの下や首回りは比較的皮膚が薄いため傷もつきやすく、特にわきの下は荒れると毛穴が炎症を起こし化膿してしまう事もある。わきの下のムダ毛がある事でシートで拭く際に毛が邪魔をして皮脂を拭きとりにくく臭いがわきの下に残ってしまいやすい為、出来るだけ除毛しておいた方が皮脂や汗の臭いを拭きとりやすく臭いを軽減させやすい。しかし、ムダ毛が無い事で皮膚にダイレクトにシートが当たり、皮膚表面を傷つけやすくなっている。肌荒れを招かない為には特に皮膚の薄い部分を拭く際にはシートを肌にこすり付けるように拭くのではなく、汗をおさえるようにして拭いた方が良い。

デリケートゾーンケアカテゴリの最新記事